• Agrifoglio cfw

低く低く。

フレームを作る上で設計をするというのは、走行性能に関わる事柄を具体的にして、完成した時に設計通りできるように最善を尽くす事です。


その大半はジオメトリとパイプ選定ではありますが、小さい部分もこの段階で決定しておく必要があります。


その小さい部分とは、、、

例えばここ。

ボトルケージの位置です。


重量物はなるべく地面に近い位置に持っていきたい、という考えです。


持って軽いフレームと、乗って軽いフレームの違いはこういう小さな積み重ねの部分もあると思います。


ボトルケージを二つ付けるのが一般的だと思うので、この場合二つのボトルが一番地面に近い位置で取り付けれるように、ボトルケージの取り付け穴の場所を決めます。


直付けのFD台座は好みではない(またいつか理由を書きます)ので、シートチューブ側はボトルケージ取り付け穴二つの間にFDバンドが来ることになります。その為に取り付けるボトルケージは限られてきますが、それでも位置を下げる意味は間違いなくあります。

なかなかメーカー車でしっかりと低い位置にボトルが来ている車体はないと思います。



どうでしょう、、今乗っているあなたのフレーム、ボトルケージはどのあたりに付いていますか?

72回の閲覧