• Agrifoglio cfw

ピタッと、スッと。

フレームにする為には、パイプを必要な長さと角度で接する他のパイプの径に合わせてザグり(座繰り)をしなければいけません。

このような感じに。


自分の作るフレームはラグレスなので、このザグりがかなり重要です。

ラグドであれば、正直ラグに角度寸法を依存するような形になるので、そこまでシビアでなくとも精度が出しやすいです。

、、、ラグドでも綺麗にザグるのが一番ですが。


ピタッと沿うようにやると、こんな感じ。


これ、綺麗にザグるメリットは精度だけではなく、ロウ付けがもの凄く楽になるのです。


ロウ材は溶けているときは、水のようになるので綺麗にザグっておけば、毛細管現象によりスッとロウが流れます。

もちろん角度と熱にも左右されるので、上手くコントロールしてフィレットを作っていきます。


その結果、綺麗なロウ接面ができます。何よりロウ付けの時間が短くできます。


パイプを熱する時間はなるべく短く、面積はなるべく小さく、したいのです。

理由はまたいつか書きます。

69回の閲覧